鳩の家庭教師in川口市 │ 参考書学習をサポートします!

数学・物理・英語などを指導して10年目の個人契約の家庭教師です。川口市(旧鳩ヶ谷市)在住です。

3択だけど引っかかる英文法問題集!鳩の家庭教師が使用した参考書

 

英文法基本300選―基本原理を学んで磐石の応用力を身につける (駿台受験シリーズ)

英文法基本300選―基本原理を学んで磐石の応用力を身につける (駿台受験シリーズ)

 

 

中高一貫校の高1の生徒に昨年の夏休みに使ってもらった。学校指定が桐原書店の英語標準問題1100で中3時にひと通り終わって、高1で2周目に入った段階で使用した。

この問題集の特徴は、桐原1100などの通常の文法問題集が4択であるのに対して3択ではあるが、空欄の前後だけを見て答えを選ぶとたいてい不正解になるというイジワルな仕掛けがしてあることである。

このことは、著者の飯田先生もご自身のブログ 英文法道場でよく語っている。

正直、ここまでの知識が必要なのかと思う問題もあるのだが、文全体の意味を考えないと正解が出せない作りになっているので、文法問題を解くときの姿勢を学ぶには良い参考書だと思う。

高1の生徒の英文法の実力は高く、河合でも駿台でも模試では文法問題は満点近くを取ってくる。

この本のおかげというよりは、桐原1100の確認テストが学校で繰り返し行われていることのおかげのような気がするけれども。

また、付属のCDは英文が2回繰り返し読まれるので、耳から覚えることができるのはありがたい。ただ、引っ掛け問題が多いので、例文集として暗記するのは難しいと思う。(例文集としては同じ著者の英作文基本300選の方が覚えやすい)

理屈で考えるのが好きな生徒には、2冊目としておすすめできる文法問題集である。