鳩の家庭教師in川口市 │ 参考書学習をサポートします!

数学・物理・英語などを指導して9年目の個人契約の家庭教師です。川口市(旧鳩ヶ谷市)在住です。

埼玉県公立高校入試(数学)の手書き解答メモ(過去3年分)

今年度は公立中学校の中3の生徒を二人指導しておりますが、二人とも私立高校が第一志望のため、下の解答メモを使う機会がありませんでした。

平成26年度のものは解説ではなく、解きっぱなしのメモなので、よりよい解法もあるかもしれませんが、途中式や書き込み仕方など参考になるところがあれば幸いです。

 

平成26年度埼玉県公立高校入試数学解答メモ

 

平成25年度埼玉県公立高校入試数学解答メモ

 

平成24年度埼玉県公立高校入試数学解答メモ

 

過去3年分見てみるとやはり平成24年度の難易度はかなり高かったです。関数や図形の応用問題も、難関私立高校の難しさとは傾向が異なっているように思えます。

埼玉県の数学は、平均点も標準偏差(ばらつき)も低いので難問の対策をするのは非効率だ、という意見も聞かれますが一概には言えないと思います。

各高校ごとに計算すれば、平均点はどの高校も数学が一番低いかもしれませんが、標準偏差が最小かどうかはわかりません。大手塾さんのようなデータを持っていないのであくまで推測ですが、上位校では国語や英語が9割付近に集中し、標準偏差が数学より小さいということも考えられます。

やはり、公立上位校では数学でも他の受験生に差をつけられるよう十分な対策をすべきだと思います。

上位校志望ではない場合でも、正解率の高い問題を確実に得点するということが必要になるので、数学の重要性に変わりはありません。

公立高校入試当日まで1ヶ月を切りましたが、次回の記事で、入試までに読んでおくと役に立つかもしれない数学の書籍を紹介する予定です。