鳩の家庭教師in川口市 │ 参考書学習をサポートします!

数学・物理・英語などを指導して10年目の個人契約の家庭教師です。川口市(旧鳩ヶ谷市)在住です。

ビジネス用語を真面目に笑い飛ばす!「天使と悪魔のビジネス用語辞典」

 少し大きめの書店に行くと、ビジネスパーソン向けの自己啓発書が山のように並んでいる。自分も20代の頃はビジネス書を読み漁っていた。多分、月に万単位で使っていたと思う。

学習参考書の売り場は奥の方にあることが多いので、今ではビジネス書コーナーを華麗に?スルーして学参コーナーへと向かう。

ビジネス書に費やした分で、どれだけ参考書を買えたかを考えると凹む。

ある時から、ビジネス用語というのは、結局コンサルタントや評論家の商売道具にすぎないのではないかと思うようになった。ちょっと知ったかぶりして言葉に出せば、できるビジネスパーソンに見られる、などと自分も勘違いしていた。

もちろん、中身を伴って使っている方は素晴らしいし、コンサルタントや評論家の仕事自体を否定しているわけではない。

最近では、IT用語に対しても同様のことが言えるのではないかと思う。

冒頭に紹介した本は10年以上前に出版されたものだが、今読み返しても痛快で面白い。

1つの用語に対し、天使の辞典と悪魔の辞典の2つの意味を対比して載せているのが最大の特徴。天使の辞典で普通のビジネス書にあるような一般的な意味を載せた後、悪魔の辞典として「その用語だけ知っても役に立たないよ」ということがよく分かる裏の意味を載せている。(むしろこちらが本当の意味に思えてくる)

そのあと、その用語が生まれた背景の解説やその用語にまつわる著者の意見が解説されている。ここも秀逸で、ビジネス用語を笑い飛ばすつもりで読んでいたのが、「なるほど~」と逆にその用語についての理解が深まる。

クリック&モルタルとか、この10年でほぼ聞かなくなってしまった用語もあるが、目次を見てなんとなく聞いた用語があるという方なら楽しめると思う。

紙の書籍は絶版となったが、今調べたらKndle版で用語が一部新しいものに入れ替わり出版されているようだ。  

天使と悪魔のビジネス用語辞典

天使と悪魔のビジネス用語辞典